心臓リハビリテーションのまにまに

心臓リハビリテーションについて考えたり思ったりしていることをつらつらと書いています。

ストレスの悪影響がわかるアニメーション

心リハ太郎です。
Gigazineで面白い記事を見つけたので紹介します。

ストレスは近年これまで考えられていた以上に身体に与える影響が広範で大きいと言われていますが、こういうアニメーションで観ると理解しやすいですね。
「ストレス」が身体に及ぼす悪影響をアニメーションで解説 - GIGAZINE

ストレスからのストレスホルモンの分泌などにより、高血圧、血管内皮機能低下、アテローム動脈硬化などの循環器への影響、胃や腸など消化器への影響、食欲増大、炎症性サイトカインの増加、その他様々な影響が身体全体に及びます。

しかし、これもストレスの元になる出来事や刺激をどう考えるかにより、大きく結果が異なるとも考えられています。

しかし、人生とはストレスであふれているもの。そのため、あなたの脳と身体がストレスにどのように対処するかが健康を維持する鍵となります。ストレスを感じさせる状況が訪れた時、それを脅威と見なさず、「克服すべき挑戦」と見なすことができれば、短期的には優れたパフォーマンスを発揮できるようになり、長期的にも健康でいることができるとのことです。

ストレスマネジメントとは、ストレスを感じない環境に身を置くことではなく、自分の心の持ちようにより、ストレスのかなりの部分が制御可能であるということです。

この辺りは自己コントロール感の話として、下の記事でも述べています。

【参考記事】
自己コントロール感の重要性について - 心臓リハビリテーションのまにまに

ではでは。

広告を非表示にする