心臓リハビリテーションのまにまに

心臓リハビリテーションについて考えたり思ったりしていることをつらつらと書いています。

研究発表について(その2)

前回からの続き

研究発表について(その1) - 心臓リハビリテーションのまにまに

 

学会などの研究発表で一番大事なこととは何かについて、以前こんなことを書きました。

【関連記事】学会発表で大事なこと - 心臓リハビリテーションのまにまに

研究発表とは本質的にはコミュニケーションであるという話でした。

コミュニケーションであるということは、相手がいるということです。これ、すごく大事なことです。

話の目的をはっきりさせよう

相手に何かを伝えたい場合、うまく理解してもらうために必要なこととは何でしょうか。

それは自分の話の目的をはっきりさせることです。

目的がはっきりしていないと中身がグズグズになり、何も伝わらない発表になります。

もし、あなたが他人に自分の研究の目的を一言で説明できない場合、自分自身が何をやっているかわからずにいることがほとんどです。

何を話したいのか説明できない人の話は、どれだけ聞いても結局何も分かりません。

研究ではミステリーツアーはダメ

一言で目的を説明できない研究は旅行に例えれば目的地も決めずにぶらり旅をしてるようなもんです。

今日は大阪、明日は四国、明後日は気の向くままに行こう、ってのはひとり旅の場合は楽しいかもしれませんが、もし同行者がいたら、「いい加減にしてよ!どこに行くつもりなんだよ!」って愛想を尽かされかねません。

他人と旅をする場合、よほどの相手かミステリーツアーでもなければ目的地を決めて出発するのが普通でしょう。

研究発表でも目的地のわからない発表を聞かされるのは聞かされるほうにとってたまったもんじゃありません。

なので、「どこに行く旅なのか?」、つまり「何を調べたい研究なのか?」をはっきりさせて下さい。

また、同じ札幌に行くのでも、美味しいものを食べに行くのと観光地巡りをするのでは違いますよね。

本場のジンギスカンを食べに行くツアーと札幌時計台を見に行くツアーでは恐らく参加者も変わります。

なので「この旅へ参加するとどんないいことがあるのか?」、つまり「この研究をする意義は何なのか?」もはっきりさせておきましょう。

 

まとめ

まずは研究を始める前に、自分に問いかけてみて下さい。

この研究は何を調べたい研究なんだ?(どこに行く旅なんだ?)」

何の意義があってこの研究をするんだ?(どんないいことがあるんだ?)」と。

この2つの質問に一つの文で短く明確に答えられたときには、あなたの研究の目的が自分でも理解できているはずだと思います。

 

次回は具体的な例をもとに研究目的を明確にするプロセスをお伝えする予定です。


【関連記事】
EZRは素晴らしい統計ソフト - 心臓リハビリテーションのまにまに

広告を非表示にする