読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心臓リハビリテーションのまにまに

心臓リハビリテーションについて考えたり思ったりしていることをつらつらと書いています。

減量を成功させてその後の体重を維持するコツ

心リハ太郎です。

皆さんダイエットしてますか?

もしくは患者さんに減量指導してますか?

食べると痩せるとかいう食品ありますけどあれ基本的に嘘ですからね。騙されないように。

さて、体重を減らすのに一番大事なことってなんだと思いますか?

運動?糖質制限?脂質制限?

全部違います。

一番大事なことは、なぜ体重が増えるのか、その理由を知ることです。

減量し、その状態を維持するために、自分の体重が増える理由が理解できれば、あとはそのように行動するだけです。

では始めましょう。

脂肪1kgのカロリー

今回お伝えする数字で一番大事な数字です。

まず頭に叩き込んで下さい。

脂肪1kgは約7000kcal(キロカロリー)です。

1kg体重が増えたということは7000kcalを身体に蓄えたということです。

これは余分に食べているか動いていないかのどちらか、またはその両方が原因になります。

ちなみに

  • ご飯茶わん1杯は+200kcal
  • お菓子の小袋1つは+100kcal
  • 30分の歩行(約3000歩)は-100kcal

くらいと思って下さい。

あなたの体重が1年で1kg増えたのなら365日で+7000kcal分余分に食べたか動いていなかったということです。

1年7000kcalを1日あたりに換算すると、1kg増えるのに1日+20kcal足らずとなります。かなり小さいおせんべい1個とかそんなレベルです。

同様に1年で3kg増えたのなら365日で+21000kcal(1日あたり60kcal)余分に食べたか動かなかったわけですね。

まずは計算してみましょう

まずはあなたがこの1年で何kg増えたか計算してみましょう。
1年の変化が分からない人は、覚えている時から今までの年月で何kg増えたのかを計算してみて下さい。
1kg増えていたら7000kcal、2kgなら14000kcal、5kgなら35000kcalです。
これを1日あたりのカロリーに直してみて下さい。
ちなみに先ほど述べましたが、1年で+1kgなら1日約20kcalですので、1年あたり増えた体重(kg)×20kcalで、1日あたりの過剰カロリーが計算できます。
1年で+5kgなら1日あたり+100kcalですね。

毎日お菓子を1個余分に食べるだけで5kg以上太る

体重が増えている人と話をすると、大体の人は「そんなに食べてないんだけどなあ」と言います

確かにそんなに食べてないんです。

だって毎日小さめのお菓子1袋食べるだけならそんなに食べてないって言いますよね

私だって聞かれたらそう言います。

でもこれを数値に直してみると100kcal×365日= 36500kcal = 体重+5.2kg ということになるんです。

え、それだけでこんなに増えるの?とちょっとびっくりしませんか?

有名どころのお菓子を調べてみた

100kcalに相当する有名どころのお菓子などのカロリー量を調べてみました。

・・・・。

毎日余裕でこれくらいは食べてるんではないでしょうか?

ネットで検索すれば大体のお菓子はカロリーが分かりますので調べてみましょう。

運動だけで体重を減らすのは難しい

ダイエットというと運動を始める人が多いと思いますが、毎日30分(約3000歩=100kcal)歩いても、70日で-7000kcalであり、約2ヶ月でようやく1kg減る計算になります。

毎日1時間運動しても1ヶ月で1kgしか減らないペースです。

これが運動だけの減量効果です。

結構絶望的な気分になる人が多いと思います。

ちなみに汗をかいて体重を減らすって人がいますが、水分を減らしても脂肪が減ったわけじゃないです。後で身体が必要な水分を再吸収するのですぐ元に戻ります。

水分補給もせずに汗をダラダラかきながら運動すると、脱水になって血液がドロドロになり、単に血管が詰まりやすくなるリスクや心臓に負担をかけるリスクを増やすだけです。百害あって一利なしなのでやめましょう。心疾患の患者さんにはこういうことは絶対にさせないで下さいね。

運動だけではそれほど体重が減らないことが分かると、体重を効果的に減らすためには、ちょっとした間食を減らしながら動く量も増やすことが大事だということが分かりますね。

減量の目標は高く設定しない

先ほど述べたように、毎日1時間歩いても1kg減量するのに大体1ヶ月かかります。

つまり、1ヶ月に3kgも4kgも痩せるのは現実的ではないわけです。

もちろん不可能ではありませんが、身体に異常な負担をかけることになりますし、リバウンドの可能性が非常に高くなります。

人間の身体は栄養がほとんど入ってこなくなると、餓死するのを防ぐために身体に脂肪を溜め込もうとし始めます。

人間も動物ですから、野生で生きていた時代の名残りが残っているわけです。

ですので獲物が手に入らない期間が続いたあとに何か食べた時には、ものすごく吸収効率を上げて次の獲物がとれない時期に備え、脂肪を蓄えようとするわけです。これがダイエットでリバウンドが起こる理由です。

短期間に大体14000kcal分の体重が失われると飢餓の状態とみなされます。これは体重なら2kg分です。

高い減量目標を立てて、厳しい食事制限をかければかけるほど、激しいリバウンドが待っているため、マイルドな目標を立てた方が長期的には成功しやすいということになります。

どのくらいがマイルドかはその人の体重にも寄りますが、飢餓状態にさせないためにも基本的には1ヶ月1〜2kg程度の減量に留めるのがよいでしょう。

自分の歩数を確認しましょう

スマホなどに歩数計が付いている人は自分が1日何歩動いているかを確かめましょう。

6000歩まで到達していない人は、1日の活動で200kcalも使っていないことになります。

こういう人は正直おやつを食べる資格はありません。

おやつも食べたい、でも痩せたいっていう希望を叶えるのは6000歩以下の生活では恐らく不可能です

最低6000歩以上、できれば8000歩以上を目指して少しでも動く量を増やすようにして下さい。

ポイントは通勤の時に歩く、買い物の時に歩く、エレベーターでなく階段を使うなど、少しでも身体を動かすタイミングがあれば歩数を増やしにいきましょう。

こんなちょっとしたことであっても、1年で1kg増えた人なら1日-20kcal(約6分の歩行)くらいのカロリーを使えばいいだけなので、毎日続けるだけで必ず効果が出ます。

減量を続けるコツは毎日体重計に乗るのをやめること

せっかく毎日運動しても、間食を減らしても1kg減らすのに1〜2ヶ月かかるわけです。

当然ながら毎日体重計に乗っても1日単位で目に見える変化など起こるわけがありません

ですので、ある程度変化が出ると思われる2週間から1ヶ月に1度体重計に乗るくらいで丁度いいです。

効果が目に見えなくて当然なのに、それを毎日わざわざ確認することは、自分でやる気をなくすような行動をしているのと同じです。それで大抵の人はダイエットに失敗するんです。

減量中は毎日体重計に乗るのはやめましょう

減っているはずの時期に体重計に乗り、減っていなければその時に間食や運動の量を調整しましょう。

体重が減ってからは頻繁に体重計に乗ろう

じゃあ体重計にはたまに乗るだけでいいのか、といえばそんなことはありません。

体重が減ってきたら、数日に1度、最低1週間に1度体重計に乗りましょう

何故かというと、減った体重が増えていないことを確認するためです。

大体の人は、目標体重に到達したら元の食生活と運動量に戻りますするとまた体重は増え始めます

当たり前ですよね。1年で3kg太る生活をしていた人は同じ生活を再開したら、また1年で3kg増えるに決まっています。

それを防ぐためには、体重が増加傾向になっていないかを確認するのが早いのです。そのために体重計に乗るわけです。

体重が増加傾向なら、余分なものを食べているか、動く量が減っているか、その両方か、ということになりますので間食や運動量の調整をしましょう。

増えていないなら今の生活でバランスが取れています。

まとめ

  1. 体重1kgあたりのカロリーは7000kcalであることを覚えましょう
  2. 自分の体重増加から1日あたりの過剰カロリーがどれだけかを計算しましょう(+1kg/年なら20kcal)
  3. 1日あたりの間食で何kcalくらい余分にとっているかを把握しましょう(お菓子の小袋1つ100kcal)
  4. 1日あたりの歩数が6000歩以下になっていないかを確認しましょう(3000歩で100kcal)
  5. 体重を増やさないため、また減らすためにはどれだけ間食量と運動量を変えればよいかを考えましょう
  6. 目標は高く設定しすぎず1ヶ月に-1〜2kg程度減量するくらいのスケジュールにしましょう
  7. 減量中は頻繁に体重計に乗らないようにしましょう
  8. 減量した後は頻繁に体重計に乗って体重が増えていないかを確認し、増えてきたら間食と歩数を再び見直しましょう

 

このように具体的に数字にしてみると1日あたりに減らさなければいけないカロリーはそれほど多くないはずです。

まずは1日あたり余分に取っているカロリーを把握し、どう対処するかを考えれば、日常のちょっとした間食(お菓子1個くらい)を減らすだけでも結構体重が減ることが分かると思います。

是非試してみて下さい。

 

ではでは。

心負荷の高い活動を判別するための考え方

こんにちは、心リハ太郎です。

心負荷の高い活動がどんな活動かということを今まで考えたことはありますか?

山登りや階段?重いものを運ぶ?

このような代表的な活動だけでなく、それ以外の日常生活活動が心臓に負担をかけているのかを考えなくてはいけない場合がありますよね。

代表的な身体活動を覚えるだけでなく、考え方のポイントを掴めば応用的に考えられるようになります。

今回はそのポイントを説明します。

心負荷=心仕事量の理論式

心負荷とは心筋の仕事量のことです。

心筋の仕事量は簡単な式であらわされます。

心仕事量 = 収縮期血圧 × 心拍数

この心仕事量のことをダブルプロダクト(double product: 二重積)とも言います。

道を歩く時の坂の勾配が収縮期血圧、歩行速度が心拍数と考えると分かりやすいでしょう。

坂道がきついほど、また歩行速度が速いほどきつい運動になります。

血圧が高く心拍数が高いほど心臓にとってはきついということです。

血圧が上がりやすい活動

血圧が上がりやすいのは、筋肉に動きはないけど力が入り続ける(等尺性収縮といいます)活動です。

例えば、腕で重い荷物をもつ、しゃがんだ状態や中腰の姿勢を維持するなどの活動です。

この時に息を止めるとさらに血圧が上がりやすくなることが知られていますね。

心拍数が上がりやすい活動

心拍数が上がりやすい活動は、歩く、腕を動かし続けるなど、動きのある活動です。

しばらく続けていると息がハアハアとしてくるようなリズミカルな活動です。

窓拭き、床の雑巾がけ、モップがけなどの時の腕の運動もここに含まれます。

特に心負荷がかかる活動

心負荷がかかりやすい活動、すなわち収縮期血圧と心拍数が同時に上がる活動とは、静的な筋収縮と動的な動きが同時に行われる活動です。

よく言われるのは

  • 重いものを持ちながら歩く
  • しゃがんで床を拭く

などですが、コツをつかめばどれだけでも応用が効きます。

要するに腕に力が入り続けつつ足を動かすパターン足に力が入り続けつつ腕を動かすパターンを考えれば良いのです。

  • 草むしり
  • 風呂の床掃除
  • 中腰の姿勢での掃除
  • 高いところの電球を替える
  • スキー
  • 戸棚の下の方の片付け
  • 腰を落としての正拳突き

他にも身体に力を入れながら手を動かす動作などが挙げられます。不安定な姿勢を維持するために腹筋や背筋に力が入り続ける場合がここに当てはまりますね。

  • 無理な体勢で手を伸ばして押入れの中のものを探す
  • 田植えをする
  • 鮎釣りなど川に入って流されないようにしながら腕を動かす

など、これも色々なパターンが考えられますね。

心不全患者さんの場合、家事や生活動作であっても、心負荷が高まりやすい方法で活動を長時間行うとそれだけで心不全が増悪することがあります。

そういう方の過活動のチェックは、単に嫌気性代謝閾値(AT)を超えていないかをメッツ表で確認するだけでなく、上に書いたような考え方を元に、心負荷の上がりやすいパターンで日常生活動作や仕事などを行なっていないかを聞き取るとよいでしょう。

心負荷を減らすポイント

実際に心負荷を下げるための工夫の仕方についてですが、心拍数が上がるのを避けるか、血圧が上がるのを避けるかのどちらかで心負荷は減らせます

例えば草むしりを膝をついて行うなど体勢を変えて動作を行うよう指導したり、柄のついたブラシなどの道具を使ってしゃがんだり中腰になることを避けるよう工夫してもらうなど、色々な方法で負荷量を落とすことができます。

実際にリハビリ室で家と同じ動作をしてもらって心拍数と血圧を測ってみるのも一手です。

このときはモニター心電図で活動中の心拍数を測ることを忘れずに。

活動後に血圧計で脈拍を測っても、その時には既に心拍数が元に戻ってしまっていることが多いです。

またモニター心電図の心拍数を見ながら、動作中の心拍数を減らすような動き方を患者さんと一緒に工夫してみるとより実用的かもしれません。

この辺りの工夫については理学療法士作業療法士(特に作業療法士)などセラピストの得意とするところですから、看護師さんなどであればどういう工夫の仕方があるかセラピストに相談して一緒に考えてもらうとよいでしょう。

また不安定な姿勢で何かを行うことは、想像以上に心負荷がかかる可能性がありますので、体勢を安定させるように指導するのもよいかもしれませんね。

 

ではでは。

 

リーダーのもつ2種類の力

こんにちは、心リハ太郎です。

組織においてリーダーの役割は重要です。

なぜなら能力や資質の有無に関わらず、組織内での支配力を与えられるため、その地位につくだけでも組織に多大な影響を及ぼすからです。

河合薫さんによれば人や組織に影響を及ぼす力には2種類あるとのことです。

逆上大臣、泣く大臣、守る首相と問題企業の同根:日経ビジネスオンライン

 そもそも「力」には二種類の意味がある。

 一つは、何かをする「力の所有」で、これはその個人に内在する潜在能力である。そして、もう一つが、他者に対する「力の所有」で、これは地位が持つ支配する力だ。

 適材適所ということから考えれば、前者の「力を所有」している人がリーダーになるべき。が、実際にはその地位に求められる潜在能力なき人が、地位が持つ支配する力だけを手に入れている場合が多いように思う。

その地位に求められる潜在能力のない人(普通の人)が、地位のもつ支配する力だけを得た時、極悪なことを平気でするようになるというスタンフォード監獄実験の結果が紹介されています。つまり人間は環境によって悪人になりうるのだということです。

 「支配する力」ほど、人を狂わす恐ろしい“武器”はない。そもそも潜在能力を持つ人は、他者を支配する力など持たなくても、他者に影響力を及ぼすことができる。

 これを実証したのが、米コロンビア大学で行われた実験である。

 この実験では、互いに面識のない人たちを集め、ある課題の解決策を議論してもらった。被験者たちは最初に、各々が個人的に「解決策」をいくつか練り、その後、グループディスカッションを行い、グループとしての「回答」を決めてもらった。

 話し合い終了後、参加者たちに「メンバー1人ずつの評価」を依頼。評価は2つの軸に分けた。一つ目が「支配する力」に関するもので、その人が「強引だったか?」「恐ろしかったか?」「高圧的だったか?」など。二つ目は「潜在能力」に関するもので、その人の「能力は高いと思うか?」「傾聴に値する人物だったか?」「尊敬できるか?」などを、それぞれ評価してもらったのだ。

 その結果、「支配する力」の高い人ほど影響力が高く、メンバーたちが彼の意見に従っていたことが分かった。そして、それと同等の影響力が「潜在能力」の高い人にもあることがわかった。メンバーたちは、「潜在能力」が高い人に魅かれ、好意を抱いていた。一方、「支配する力」の高い人の意見には同調はするけど、その「人」のことを嫌っていることもわかったのである。

このように、人に言うことを聞かせる圧力をうまく使える人は集団を支配しやすいが、実は嫌われるため集団のメンバーは心底ついていきたいとは思わないわけですね。

あなたは、潜在能力がないために自分の優位性を示すために立場を利用してはいないでしょうか。あるいは、潜在能力のない人を集団のリーダーとして選び、組織にダメージを与えていないでしょうか。思い当たる節がある時は、一度自分や組織を見つめ直してみて下さい。

また将来リーダーになる予定のある人や、リーダーになりたいと思っている人は、どうしたら自分の潜在能力を高めて集団に貢献することができるか、また地位に甘んじないためには今から何をしておかなければならないかについて考えておくのが良いでしょう。

ではでは。

貧血はなぜ悪いのか

患者さんが最近元気ないなーと思ったら貧血が進んでいたってことありませんか?

貧血はよくないとみんな思っていても、なぜ悪いのか、何にどのくらいの影響が出るのかを理解している方は意外と少ないです。

貧血は血中酸素含量に影響する

人間の身体では酸素を使って生命維持活動や身体の移動(骨格筋の活動)などに必要なエネルギー(ATP)のほとんどを作っています。

【関連記事】酸素摂取量(VO2)を理解しよう - 心臓リハビリテーションのまにまに

酸素を運ぶのは血液中の赤血球というトラックです。

このトラックは道路(血管)を通ってエネルギーを作る工場(細胞)に運ばれます。貧血はトラックの台数が少なくなった状態です。

ヤマト運輸のドライバーさんたちがAmazonの配送量の増加に伴い過剰労働となったように、運ぶものの量に対してトラックの台数が足りない場合、その仕組みはいつか破綻します。

もしヤマト運輸のドライバーが3分の2になったら、半分になったら、と考えると、ドライバーの過剰労働がとんでもないことになるのはわかりますよね。

運ぶ荷物が少ない時(安静時)はなんとかなるかもしれませんが、運ぶ荷物が多くなった時(活動時)にはかなりの無理をしなければ仕事をこなせません。

貧血でも体内では同じことが起こっています。

貧血が進んだ時には、同じ量の酸素を運ぶために心臓が昼夜を問わず頑張り始めます

慢性心不全のような弱った心臓では頑張りにも限界があるため、心不全が悪化したりします。

正常に近い心臓でもひどい貧血が長期間続けば心不全になることもあります。

貧血の影響がわかる式

血液中に含まれる酸素の量を推定する公式があるのをご存じでしょうか。

CaO2(動脈血酸素含量) =

1.34 × Hb × SpO2/100 + 0.003 × PaO2

Hb:ヘモグロビン(g/dl)

SpO2:経皮的酸素濃度(%)

PaO2:動脈血酸素分圧(torr)

これは100mlあたりの血液に含まれる酸素の量を計算する式です。

0.003×PaO2の部分は、血漿に溶けている酸素の量ですが、酸素は水に非常に溶けにくいのでほぼ無視していい量です。

すると、Hb(ヘモグロビン)とSpO2(経皮的酸素飽和度)が血液中の酸素量に影響する因子だとわかります。

SpO2が低いと大騒ぎするのにHbは見過ごされる

医師、看護師、理学療法士問わず、SpO2が低いと途端に大騒ぎします。

これは別に間違ったことではないのです。99%あったSpO2が90%に下がった場合、血液中の酸素含量は約9%低下している訳ですからね。

でも12g/dlあったHbが9g/dlになっていても、「ふーん貧血だね」くらいの反応しか返って来ないことがよくあるんです。

先ほどの式に当てはめれば、血液中の酸素含量は25%低下しているのにですよ。

SpO2が75%になったのと変わらない血中酸素含量である状態を見過ごすのは本当は非常にまずいんです。

心不全患者さんの貧血

細胞が欲しているのは実は血液ではなく酸素な訳ですから(酸素摂取量(VO2)を理解しよう - 心臓リハビリテーションのまにまに )貧血前は100mlの血液を送れば酸素が足りていたのが、貧血のせいで25%増の125ml送らなければいけなくなれば、弱っている心臓にムチ打たなければならなくなりますので・・・後はどうなるかわかりますよね。

心機能が悪い人が貧血になると心不全増悪しやすくなるということはこのようなことが理由です。

貧血の心疾患患者さんの対処法

心機能の悪い患者さんで貧血が強い場合、貧血自体を改善するような治療を行い、その効果を待つのがおそらく第一選択になります。しかしそれが難しい場合などは、必要な酸素量を減らすしかありません。つまり安静にするということです。

強い貧血時に行う積極的な長期間の有酸素運動は恐らく真綿で首を絞めるような行為になるでしょう。

なぜなら貧血では酸素配給不足や心拍数の増加などがあり、貧血前に行った心肺運動負荷試験(CPX)で算出された嫌気性代謝閾値(AT)やその際の目標心拍数(THR)などはあてにならないからです。

なのでATの運動だから大丈夫だろう、というのは危ないです。

もし比較的安全なことがあるとすれば、酸素を使わない解糖系でのATP産生だけで済むような数十秒程度で終わる軽めの筋トレや短時間の歩行あたりかもしれません。

他にはどういうメニューがいいのか、皆さんも知恵を絞って考えてみてください。

ではでは。

ディアナチュラ ヘム鉄 With サポートビタミン2種 30粒

 

酸素摂取量(VO2)を理解しよう

酸素摂取量(VO2)は体力の指標とされます。

しかし、なぜVO2が体力の指標なのか、心臓とどう関係するかをちゃんと説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。

VO2を理解することは心疾患の本質を理解し、心疾患理学療法を行う上での最重要事項です。

ですので心臓リハビリテーション指導士を受ける人、臨床や研究でCPXを使っている人は是非理解して下さい。 

CPX・運動療法ハンドブック 改訂3版 心臓リハビリテーションのリアルワールド

ATP(アデノシン三リン酸)

いきなりATPとか略語が出てきてすみません。でもこの言葉だけは覚えて下さい。

えーてぃーぴーです。

ATPは生体内のエネルギー通貨と言われるアデノシン三リン酸という物質です。

皆さんが食べたご飯とか脂肪とかポテチとかを体の中で分解していくと最後にATPが出来ます。

人間を構成する一つ一つの細胞が生きて活動していくためのエネルギー源、それがATPです。

脳、心臓、肺、筋肉、皮膚に至るまで全てATPによって維持され、動作しています。

ATPがなければ細胞が動かなくなりますし、最悪死にますので、ATPは細胞のご飯みたいなものだと言えます。人間がご飯を食べなければ餓死するのと同じです。

ATPを絶え間なく作り続けることが生命活動なのです。

VO2≒ATP

ATPのほとんどは酸素(O2)と反応して作られます。

なので、身体の中で使われた酸素の量(VO2)を測れば使われたATPの量が分かるというわけです。

吸った息(大気)の酸素の量と、吐いた息(呼気)の酸素の量の差からVO2を計算する方法が使われます。

これを呼気ガス分析といいます。

安静時に測定したVO2からは基礎代謝量が分かります。

基礎代謝量とはその人の全身の細胞の生命維持活動に必要なエネルギー(ATP)量です。

では運動させながらVO2を測定したら?

そうです!これが心肺運動負荷試験(CPX)なんです。

CPXで測定されるVO2は全身の細胞が運動負荷+基礎代謝で利用しているATP量です。

運動時のATPはほとんどが筋肉で使われる

運動時のATPのほとんどは筋肉が使っています。
骨格筋、心筋、呼吸筋などです。

ATPをたくさん使える(VO2が高い)のは体力があるということです。なぜなら多量のエネルギーを使う負荷に耐えられるからです。

逆にちょっとのエネルギーしか使わない程度の負荷でダウンする人は体力がないということです。

つまり人体を動かすためにその人が最大使うことのできるエネルギー量を調べるのがCPXの大きな目的であり、VO2が体力の指標と言われるゆえんです。

Fick(フィック)の理論式

VO2がどういうものか、なんとなくわかっていただけたでしょうか。ではここで一番大事な式をお伝えします。心臓の能力が体力と関係することを示すFickの理論式というものです。これが理解できればVO2マスターまであと一息です。

酸素消費量 = 一回拍出量 × 心拍数 × 動静脈酸素較差

(VO2 = SV× HR × a-vO2diff)

です。

酸素消費量は、心臓が一回に出す血液量1分間あたりの心拍数に大きく依存するということを表す式です

あ、ちょっと!まって!帰らないで!戻るボタン押さないで!

この辺の専門用語が出てくると脳が拒否し始める気持ちはよく分かりますが、噛み砕いて説明するのでもう少しだけお付き合いください。

酸素消費量(VO2 )

これはまさしくはじめの方で説明した通りで主に筋肉が使うエネルギー量(ATP量)のことです。

でもここで大事なことをいいますよ。

VO2は筋肉が必要とするエネルギー量なんです。

筋肉に頑張る力がない場合、そんなにたくさんのエネルギーは必要になりません。

例えば100kgのものを持ち上げられる人は10kgのものを持ち上げられる人より多くのエネルギーを消費できます。

つまり筋力が弱い人は絶対にVO2が大きな値になりません。

つまり筋力があることが高い負荷の活動に抵抗できるための必須条件となります。

そして筋肉の生み出す酸素需要があってはじめて心臓が頑張りはじめるということです。

一回拍出量

一回拍出量とは、心臓のポンプ能力の強さを示すものです。

心臓病などにより弱った心臓は1回の心臓の収縮でたくさんの血液を出すことができません。

どれだけ筋肉が強くても心臓の能力が低ければ筋肉に酸素が十分送られず、負荷に耐えるだけの必要なATPが不足し、VO2が大きな値にならない(体力がない)ということになります。

心臓が悪いと体力が落ちる、というのはこういう理由によります。

心拍数

心拍数はどれだけの速さで心臓が収縮しているかを示すものです。

弱った心臓でも心拍数をその分多くすることである程度送れる血液量を増やすことができます。

でも運送会社でトラックの台数が少ないのを補うために運転手が休まず働き続けると、結局疲労でパフォーマンスが落ちるのと同じように、心拍数も多くなりすぎると一回拍出量が落ちます。

基本的にはATを超えたあたりから一回拍出量は増えなくなるか減り始めると言われています。

動静脈酸素較差

動脈を流れる血液(動脈血)に含まれる酸素を100とすると、静脈を流れる血液(静脈血)に含まれる酸素は大体の場合75になり、約25%の酸素が筋肉などの細胞で使われます。

これは赤血球のヘモグロビンがもつ酸素を掴む手の数と関係しています。

ヘモグロビンの手は4本あり、1本の手が1つの酸素を持って出発します。

4つの酸素を持って出かけたヘモグロビンは、末梢で1つの酸素を手離して3つの酸素を持った状態で帰ります。つまり25%が末梢で使われます。

末梢の血液温度が高い場合、末梢組織のpHが低い(酸性度が高い)場合、末梢組織の酸素分圧が低い場合などは、ヘモグロビンが離す酸素の量が増えます。

運動すると末梢の温度が上がり、酸性度が上がり、酸素分圧が下がるのでヘモグロビンから酸素がより多く離れるわけです。

このようにして末梢で必要な酸素を取り込んだ結果、静脈血酸素量が下がります。

詳しく知りたい方はこの資料を読んでみて下さい。よくまとまっていてわかりやすいです。

http://edwards.jp/jp/wp-content/uploads/2014/10/ecce_svo2.pdf

また、動脈血の酸素量が減るのは、肺の疾患や先天性の心疾患などで新鮮な酸素と触れ合う血液量が減る場合、赤血球の奇形でヘモグロビンの手の数が少ない場合、貧血があってヘモグロビン自体の数が少ない場合などです。

心臓が弱ると体力が落ちる

心臓が弱るというのは主に一回拍出量が減るということですが、心臓病により体力が落ちるというのは、心臓が弱ることで酸素を筋肉に十分運ぶことができず、エネルギー不足が生じて負荷に耐えられない状態になるということです。

ただ、先ほども述べたようにそもそも筋力が弱っている場合は心臓とは関係なく負荷に耐えられないということになります。患者さんの体力低下(VO2が低い)ことが、心臓のせいなのか、筋力が弱いせいなのか、その両方なのか、はたまた肺の病気や貧血といった別の疾患が関係しているのかを考えていくことは非常に重要です。そのために患者さんの心臓の機能(心機能)の判断や、その他の病気が関与しているのかを把握しなければなりません。それについて話すとさらに長くなってしまうため、このあたりの判断方法については別項で述べたいと思います。 

CPX・運動療法ハンドブック 改訂3版 心臓リハビリテーションのリアルワールド

CPX・運動療法ハンドブック 改訂3版 心臓リハビリテーションのリアルワールド



超高齢化時代の退職への備え(iDeco編)

こんにちは、心リハ太郎です。皆さんはiDeco(個人型確定拠出年金)入りましたか?

iDecoって何?

iDecoって何?って人はこの記事を読んでみて下さい。

非常に重要なので知っておかないと結構まずいです。

確定拠出年金の制度改正、政府の隠れた意図とは:日経ビジネスオンライン

これまで公的年金が支えてきた老後資金を、自ら積み立てる「じぶん年金」に頼る時代が既に始まりつつある。「今回のDC制度の変更は、この大きな地殻変動の一部であることに気付き、早期に自助努力で資金積み立てを始めてほしい」と厚労省幹部は話す。

2030年には高齢者1人を労働者1.8人が、2050年には高齢者1人を労働者1.3人が支える時代が来ると予想されています。このiDecoの対象者が2017年から拡大されましたがこのことは、年金を十分払えないかもしれないので国民は自分で老後のための資産形成をしてもらわないと困る、と国が言い始めたということです。

iDecoには3つも税金免除の仕組みがある

iDecoには

  1. 掛け金に対する税金控除
  2. 運用益に対する税金控除
  3. 受け取り時の税金控除

という3重の優遇がされており、生命保険会社などの個人型年金に比べてもかなり有利な制度です。

基本的にはなんとしても税金を取りたい国がここまでこのiDecoを優遇することからも、国の本気度が伝わって来ます。

iDecoの節税効果はすごい

iDecoがどのくらいお得かを見てみましょう。

  • 企業年金のない会社に勤める25歳
  • 年収360万円
  • 共働きで子ども1人
  • 最大掛金2万3千円/月を拠出

の場合はこうなります。

f:id:shinrihataro:20170421191645j:image

イデコの節税シミュレーター|iDeCoスペシャルサイトbyろうきんより

なんと1年に8万4000円が還ってきます。

27万6000円貯金しただけで国から8万4千円も税金を返してもらえるんですよ?

これを60歳まで続けるだけで294万円を節税できます。一年働いたのと同じくらいの金額ですよね。

しかも利子が全く付かない場合でも2万3千円ずつ積み立てたおかげで966万円の貯金が貯まっています。

還付された分を貯金に回していれば60歳でiDecoだけで1260万円貯蓄できていることになります。(実際は手数料などでもう少し減りますが)

自分がiDecoに加入できるかどうかはこちらでわかります。

加入資格 かんたん診断|個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ(イデコナビ)」

iDecoはどの年金制度に加入しているかで上限額が変わります。

2017年4月現在

  • 公務員 月1万2000円
  • 会社員(企業年金あり)月1万2000円もしくは2万円
  • 会社員(企業年金なし) 月2万3000円
  • 専業主婦(夫) 月2万3000円
  • 自営業 月6万8000円

会社員と自営業は条件により金額が変動します。

自分の節税額を知りたい場合はろうきんの節税シミュレータを使いましょう。

イデコの節税シミュレーター|iDeCoスペシャルサイトbyろうきん

iDecoについて知ろう

iDecoについて知りたい場合はこの記事が分かりやすくてオススメです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は本当に得する制度!?3つの節税メリットと魅力をFPが徹底解説!|iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017]|ザイ・オンライン

iDeCoに投資初心者が抱く“3つの勘違い”を解消!老後のお金の不安を解決してくれる「iDeCoの仕組み」も7つのステップで紹介!|iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017]|ザイ・オンライン

今の現役世代は、これまでのシニア世代のように十分な退職金や公的年金が期待できず、しかも平均寿命が伸びたことで定年退職以降の老後が長くなり、「計画的に老後に備える」ようにしなければ生き抜けない世の中になっています。これこそがiDeCoの始まった大きな理由と言えます。

今、30~40歳代の人は「老後、お金に苦労するのか……」と悲観的になっているかもしれません。ですが、むしろ「将来(老後)が見えている(予測できる)」ことは幸運だと考えてみてください。なぜなら、今からiDeCoなどを活用して老後資金を補うことができれば、老後のお金の不安の大部分は解消することも十分可能だからです。

iDecoでオススメできる金融機関は2つだけ

現状ではiDecoでオススメの金融機関は2つしかないといってもいい状況です。

なぜなら運用手数料が金融機関によって全く違い、条件の良いところがほとんどないからです。

運用手数料の差は数十年で数十万円の違いになります。

一度運用機関を決めてしまうと簡単に変更できないので、給与振込のある銀行などで安易にiDecoの申し込みをしないようにしましょう。

楽天証券SBI証券しか選択肢はない

一番のオススメは運用手数料が最安となる楽天証券です。

楽天証券では10万円以上積み立てたらその後は手数料0円です!

楽天証券では始めの1年間は運用手数料が無料のため、最も掛金が少ない公務員でも1年以内に10万円に到達します。

つまり運用手数料は実質タダになります。

 

もう一つオススメは50万円以上の積み立てがあれば運用手数料が無料になり、8資産バランスファンドなど安価な信託報酬の商品が多く揃っているSBI証券です。

色々な投資信託を組み合わせて資産形成をしたい人にはよいですね。

 

基本的にはその他の銀行や証券会社についてはほぼ信託報酬の高い壊滅的な商品ばかりで、手数料も高いため、わざわざ選ぶメリットはほぼありません。

銀行員や証券マンに騙されないようにして下さい。

早いうちにiDecoへ加入をしよう!

若い内に始めるほど節税メリットの大きいiDecoについてしっかり調べ、早めに加入しておきましょう。

加入までは約2-3ヶ月かかります。

私は2ヶ月間の間、まだかまだかとやきもきしながらSBI証券からの返信を待ち続けました。

 

金融機関ごとの比較などをしたい方はiDecoナビを一度見てみて下さい。手数料などについて全ての情報が載っています。

個人型確定拠出年金ナビ(iDeCoナビ)~イデコ加入ガイド~

ではでは。

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門

はじめての確定拠出年金投資



独身の罹患リスクとその特徴を考える

ここ数年、40代から60代前半の独身男性の心筋梗塞及び高血圧性心不全の発症者が増えてきたように思います。

独身はそれだけでリスクである

下記の記事では年齢層に関わらず独身でいることは生活習慣病やそれに関連する重篤な疾患の罹患、死亡のリスクが高いことが紹介されています。

不幸の連鎖、男性の3人に1人「生涯未婚」時代:日経ビジネスオンライン

引用して紹介します。

生涯未婚となってしまう独身男女の人生の一番の特徴は、ただただ早死にが避けられないことだ。未婚者と既婚者を比較した死亡率の差異で見ると、本来死亡率が低いはずの45歳から64歳の未婚男性は同じ年齢層の既婚男性より2.0倍から2.4倍程度高くなる[1]。同じく、伴侶に先立たれた男性も、生活リズムの変化や食事内容の劣化、家庭内での話し合える人の喪失など、女性に比べて高い「ひとりぼっちリスク」を抱えることになる[2]。とりわけ、有意に死亡率が高くなるのは糖尿病や心疾患、肝疾患といった、生活習慣に起因する割合の高い疾病が重症化することだ。それも、独身であるというだけで、25歳以降のすべての年齢層で死亡率が高くなる傾向は特筆してしかるべきだろう。男性ばかりを強調するようだが、女性も男性ほど死亡率が高いというわけではないというだけで、リスク自体は既婚女性よりも高くなっている。

<参考リンク>
[1] 厚生労働省人口動態統計(2016年度)

[2] 国立社会保障・人口問題研究所 日本の将来推計人口(平成24年1月推計)

 独身でいることは日本だけでなく他国でも死亡リスクを高めるとされ、それは喫煙や不健康な食事よりも悪影響があるそうです。

結局のところ、人生においてもっともリスクの少ない暮らし方をしようとすると、結婚し、子供をはぐくみ、人生の最後まで伴侶と手をつないで生きていくことに他ならない。他国の事例を見ても喫煙や高カロリー食よりも独身のほうが人生を短くする要因と認知されており、独身の短命は我が国だけの現象ではない。

病気になることは多数のリスクを招く

もしかすると中高年の独身者には早死にしてもいいっていう人がいるかもしれません。

しかし、早死にするということは基本的にその前に病気になるということです。

病気になっても即死する人ばかりでないことを考えると入院治療に関わる金銭的リスク、病気による肉体的苦しみや精神的不安のリスクを抱え、その後の人生を生きることになります。

もし病気を機に失職すればさらに金銭面でのリスクは跳ね上がるため、本当は若くして病気になどならずにすむ生活ができればそれに越した事はないのです。

独身者は経済的リスクを抱えた人が多い

しかし、我々の目の前に現れる患者さんは、中高年になっても独身であるという社会的背景を持ちながら発症に至った人たちです。

未婚の理由の大きなウエイトを占めるのが経済的理由であるとも言われています。

このことは退院後の病気の管理や治療の継続にも大きく影響する因子です。

お金がなければ治療を継続できないし、そんなことどうでもいいという精神状態に陥りやすいからです。

 結婚できない男女で一番の障害になるのは経済問題だ。所得が少なく仕事が不安定であるために結婚に踏み切れない20代男女は、調査によって数字は異なるが、結婚できない理由上位を「結婚資金がないから」と回答している。20代、30代の正規、非正規を問わず支払われる賃金自体は下げ止まっているが、上昇し続ける社会保障費負担もあって手取りは伸びず、賃金が今後上がる保証もないとなれば、結婚よりもまず自身の生活をきちんと安定させるという志向になるのは致し方のないところともいえる。

独身者は対人能力の低い人が多い

このような社会・経済的背景に加え、対人関係の能力や経験も重要です。

若年発症の独身患者さんには対人コミュニーケーションの苦手な人も相当数いると思われ、このことが治療をより難しくしている可能性もあります。

統計的に見ると、30代未婚男性でそれまで女性と交際経験がない人は、年代によっても異なるが概ね20人に1人以下しか結婚することができない。

対人コミュニーケーションの苦手さは医療者との関係にも現れます。

入院中および退院後の治療や病気の管理のために必要な自分の情報、思っていることや不安、自分にはできそうにないことなどを医師や看護師や薬剤師や理学療法士などの医療者にうまく伝えられず、相互の信頼関係構築が非常に出来にくくなるのです。

その結果、自分の病気についてしっかりと理解ができず、また医療者に怒りだしたり、うつになったりして治療から脱落し、再発していくものと思われます。

 自己コントロール感の重要性について - 心臓リハビリテーションのまにまに

これから増える独身者に対してどう対応するかを考えておこう

皆さんの前に現れた未婚もしくは離婚後の独身男性の患者さんは、このような人たちなのかもしれません。

そしてこのような人の数は今後さらに増えていく可能性があります。

困った人だなあ、ダメな人だなあ、と諦めたり見捨てたりするのではなく、このような特徴を持った人たちと、どうしたらよりよい情報、よりよい医療を提供できるような関係性を築けるかについてしっかりと考えてみてもよい時期なのではないでしょうか。

個人的にはアドラー心理学を応用するのは効果的なのではないかと考えています。

心臓リハビリテーションにおける課題の分離 - 心臓リハビリテーションのまにまに

ではでは。